オスマン

今旬な情報をお届けします

【衝撃】地上波『鬼滅の刃 無限列車編』を見た人の年齢層が判明wwwマヂかよwwwww

time 2021/09/27

c7b3928c6647f9df610f2ba8528e8cd5

【アニメ】劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 世帯視聴率20%超え 若年層を魅了 [Anonymous★]


1: Anonymous ★ 2021/09/27(月) 08:43:19.60 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20210927-00260203

『鬼滅の刃』無限列車編の地上波初放送が、世帯視聴率で20%を超えた。

去年10月の劇場版公開に合わせた3回の放送は、平均が15.5%(ビデオリサーチ関東地区調べ)。無限列車編までを一挙に放送した今月の5回分は、14.2%でいずれも好調だった。

ところが25日放送の無限列車編は、これまでの平均を一挙に5%以上押し上げ、世帯平均を20%台の大台に乗せた。

夜9時から11時40分までの放送だったため、これまで最もよく見ていたC層(男女4~12歳)はあまり伸びなかったが、他に倍増した世代があり、結果として個人も世帯も3割以上率を押し上げた。

視聴者層はどう変わったのか。成功の要因は何だったのかを考える。

裏局をぶっちぎり

フジテレビは放送の前番組として、『超逆境バトル!!99人の壁』アニメSPを編成した。

「これさえみれば鬼滅の刃の魅力がわかる」と謳った番組で、横並びで個人視聴率トップだったが、他局との差は大きくはなかった(スイッチ・メディア・ラボ=SMLの関東地区視聴率)。

ところが夜9時に本編が始まると、10%近く爆上げした。

『鬼滅の刃』の本領発揮で、その後も15%超で推移し平均世帯視聴率は21.9%となった。ただしこの数字は関東地区2000世帯5000人をサンプルとするSMLのデータで、関東地区2700世帯で調査するビデオリサーチ(VR)の発表はまもなくだ。

視聴率は測定方法やサンプルが異なれば、当然数字も揺れる。

では両社の間には、どの程度の差が生ずるのだろうか。無限列車編までの8本を比べると以下の通りとなる。SMLが先、VRは( )で併記した。

2020年
10/10 13.5%(16.7%)
10/17 13.6%(15.4%)
12/20 13.8%(14.4%)
2021年
9/11 12.9%(13.3%)
9/12 14.1%(13.4%)
9/18 14.5%(14.4%)
9/19 14.2%(14.7%)
9/23 14.9%(15.0%)

2020年の3回は、VRの方が高く出た。

ところが21年の5作については、9月12日の放送のみSMLの方が0.7%高かったが、他4本はVRと大きくは変わらない。

この傾向から推定すると、今回のSMLで21.9%となった無限列車編は、VRでも22%前後となる可能性が高い。

夜10時に始まったTBS『新・情報daysニュースキャスター』の冒頭で、安住紳一郎氏は「今日は裏番組が・・・」と『鬼滅の刃』に言及した。

普段のこの時間帯では横並びトップとなることの多い同番組だが、この日ばかりは半分の数字に留まった。『鬼滅の刃』は圧勝だったのである。

若年層を魅了

関東地区で約71万台のスマートテレビの視聴状況を調べる東芝視聴データTimeOn Analyticsによれば、
年層が視聴の中心だったことがわかる。

4層(男女65歳以上)は4%ほどに留まり、3層(男女50~64歳)も12%ほど。ところがT層(男女13~19歳)で15%を超え、M2(男性35~49歳)で16%強、1層(男女20~34歳)とF2(女性35~49歳)はいずれも17%台となった。

しかも波形の傾向が年齢層で少し異なる。

4層はゆるやかな右肩下がりとなった。22時以降に睡魔に勝てなかった高齢者がいたようだ。また3層はほぼ横ばいとなったが、若年層は明らかに右肩上がりを描いた。

以下略
関連記事

【速報】俺氏、鬼滅の刃「無限列車編」を地上波で初めて見た結果wwwwwwwwww


【愕然】鬼滅の刃の映画「無限列車編」ネット騒然のシーンがこちらwwwwwww

【超速報】鬼滅の刃がとんでもないことになってるwwwwwwwww 

【速報】鬼滅の刃に盗作疑惑!!!!!!!!!!!!!! 海外で炎上中!!!!

【悲報】鬼滅の刃の作者・吾峠呼世晴の最新の絵やべええええええwwwww(画像あり)

【画像あり】鬼滅の刃の作者(♀)の写真、ついに流出きたあああああ!!!

【悲報】鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴さん、もう後戻りできない

続きを読む

ビッグコミックスピリッツ(小学館)

ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)

別冊フレンド(講談社)

週刊少年ジャンプ(集英社)



カテゴリー