オスマン

今旬な情報をお届けします

【衝撃】ビートたけし襲撃事件「つまみ枝豆が動いたらヤバイ」との声が出た理由がこちらwwwwww

time 2021/09/07

注目記事

【日本終了】ビートたけしが襲撃された原因…マジかよこれ…


【襲撃事件】ビートたけし軍団、ヤバイかも・・・・・・・・・

【恐怖】ビートたけし車襲撃の犯人、所持品がヤバ過ぎる・・・・・・

【衝撃】ビートたけし、偽物と入れ替えられ本物はどこかに幽閉された模様

ビートたけし「フライデーに襲撃いくぞ!」←これwwwwwwww

ビートたけしのバイク事故退院会見映像、これ衝撃的だったんじゃ…(動画アリ)



【芸能】ビートたけし襲撃事件 「つまみ枝豆が動いたらヤバイ」との声が出たワケ [爆笑ゴリラ★]


1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/09/06(月) 22:06:25.04 ID:CAP_USER9 BE:154391736-2BP(0)
s9/6(月) 16:05
NEWSポストセブン

ビートたけし襲撃事件 「つまみ枝豆が動いたらヤバイ」との声が出たワケ
枝豆がいなくてよかった?
 
 9月4日、ビートたけし(74才)の乗った車を40代の男が襲い、車の窓ガラスが割られる事件が発生した。幸いなことにたけしにケガはなかったが、ネットには、「つまみ枝豆がいなくて良かったな!」「枝豆さんは黙っていないと思うよ」「つまみ枝豆さんが現地にいたらと考えると恐ろしいです」と、つまみ枝豆(63才)の名前が次々と登場。これはいったいどういうことなのか?

 たけしが襲われたのは、『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)の放送終了後のこと。番組を終えたたけしが車に乗ってTBSを後にする際に被害に遭い、逮捕された男はつるはしを持っていたという。

「その昔、たけしが『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティーをやっていた時代は、番組終わりに“出待ち”をして弟子入り志願する者が跡を絶たず、そのまんま東、ラッシャー板前、松尾伴内、玉袋筋太郎、水道橋博士なども、出待ちして弟子入りしたクチ。ただ、それはもう何十年の昔の話です。

 襲撃した男は、『芸能界に入りたくて、車に土下座してお願いしたが無視された』などと言っているようですが、真相は不明です。ましてや、コンプライアンスがうるさい今の時代に、アポも取らずに突然押しかけるような非常識な人間を弟子にする人はいませんし、たけしはもう何年も弟子を取っていません。コロナもありますし、このご時世に、いきなり『弟子にして欲しい』なんてムチャクチャですよ」(お笑いライター)

 事件が起きたのはTBSの敷地内ということで、局の安全管理も問われるが、つるはしで襲ったとなれば、罪の償いも相当なものになりそうだ。ただ、冒頭で述べたように、もっぱらネットで話題になったのは「つまみ枝豆」という名前。これについてベテラン芸能記者は、こう語る。
「たけし軍団には新旧合わせると数十人のメンバーがいますが、その中でもとりわけ忠誠心が強く、なおかつ“危ない”と言われているのが元暴走族でもあるつまみ枝豆です。

 かつてたけしが“フライデー襲撃事件”を起こして捕まった際、たけしが警察関係者に頼み込んで枝豆に電話をかけ、『今は動くな』と告げたのは有名な話しです。枝豆は襲撃事件には参加しておらず、たけしが捕まったことで何か行動を起こす可能性があった。枝豆の性格を熟知していたたけしは、それを危惧して電話し、枝豆は思いとどまったのです。

“ケンカ最強”とも噂された彼も近年はすっかり穏やかになり、タレント、俳優として活躍していますが、かつての片鱗を見せたのが、先月、放送された『水曜のダウンタウン』(TBS系)です。その内容は、『マネージャーがタレントに暴言を吐いたらどうなるか』というドッキリ。マネージャーが『たけしの話じゃなくて、自分の話で笑いを取れ』と怒鳴ったところ、枝豆はマネージャーの胸ぐらを掴み『おい、小僧。もういっぺん言ってみろ』とすごんだのです。その後、何とか落ち着きましたが、『俺の前で“たけし”って言うな。“たけしさん”だろ』と吐き捨てたため、スタジオの浜田雅功や松本人志も震え上がっていました」(芸能記者)

 枝豆は『水ダウ』の放送後、ブログで「いい歳したオヤジがキレて世間的には非常にカッコ悪い醜態を見せてしまった」と、自らの言動を恥じたが、「目の前で愛するものが傷つけられたら許す事は出来ません」とも綴っている。今回の件でも、念のためにたけしは枝豆に電話したほうがいいかも?

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/591c186cf0c7b91d910b8dc817679826f017cd0b

続きを読む

ビッグコミックスピリッツ(小学館)

ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)

別冊フレンド(講談社)

週刊少年ジャンプ(集英社)



カテゴリー