オスマン

今旬な情報をお届けします

【速報】ファイザー社、ワクチンについて驚きのデータを公表…世界騒然…

time 2021/08/29

20210821ds42_p


ファイザー「うちのワクチンは健常者が打ってもコロナ死亡率は変わらないことが判明した」 [422186189]


1: シュードモナス(東京都) [DE] 2021/08/29(日) 22:28:45.04 ID:7D66t8970 BE:422186189-PLT(12015)
    そんな中、製造元の1つである米ファイザー社が7月28日に公表した英語の研究論文が静かに波紋を広げている。

 その研究には世界各国の4万人以上が参加。ファイザー製ワクチンの2回目接種から最大6か月間に及ぶ大規模な追跡調査を行った。

 その結果、ワクチン接種によって発症を防げた人の割合を示す「有効率」は91%をマークした。通常のインフルエンザワクチンの有効率は30~50%程度とされるので、かなり高い効果があるといえる。

 だが多くの研究者が驚いたのは有効率ではなく、
ワクチン接種後の「死亡率」だった。

 研究では、16才以上の参加者約4万人を「ワクチン接種群(約2万人)」と、正式なワクチンではない偽薬を与えた「プラセボ群(約2万人)」に分けて、接種後の安全性を確認する追跡調査も行った。

 その結果、管理期間中に死亡したのは、ワクチン接種群が15人、プラセボ群が14人だった。つまり、ワクチンを打っても打たなくても、死亡する確率はほとんど変わらなかったのだ。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんがこの結果の衝撃度を語る。

「その研究はファイザーの研究者と、ワクチンを共同開発した独ビオンテック社の研究者が行ったもので、4万人を追跡調査する世界最大規模の研究です。これほどの規模の研究はほかにありません。

 意外な発見として注目されたポイントは、ワクチン接種群とプラセボ群の死亡率に差がなかったことです。実際に研究者の間ではこの結果が議論の的になっていて、“一体どういうことなんだ”と戸惑う専門家がいるほどです」

https://www.news-postseven.com/archives/20210829_1686842.html?DETAIL
注目記事

【ワクチン悲報】ファイザー民、終了のお知らせ・・・

【ワクチン】ファイザーvsモデルナ論争を1枚の画像が終結させてしまう → ご覧ください

【速報】デルタ株さん、終了のお知らせ・・・・・・・

【注意喚起】コロナに感染した中国人「東京のスーパーに行ってウイルス拡散してやった」とSNSで自慢→ 結果……

【悲報】20代若者がコロナ感染で死亡 → とんでもない身体をしていた・・・

【コロナ悲報】モデルナワクチン、最悪な事実が判明..... 


続きを読む

ビッグコミックスピリッツ(小学館)

ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)

別冊フレンド(講談社)

週刊少年ジャンプ(集英社)



カテゴリー