オスマン

今旬な情報をお届けします

【速報】 日本、大勝利きたあああああああああ!!!!!

time 2020/12/28

BFD2B604-E662-4A86-B445-484DB3829CD8

【速報】 日本、5兆円を投じて次世代戦闘機90機を生産 マイクロ波兵器も搭載、地上攻撃も可能 ★3 [お断り★]


1: お断り ★ 2020/12/27(日) 19:19:26.09 ID:NiOLaJzP9
日本の新しい戦闘機はマイクロ波兵器のような野心的な技術を持っているでしょう

―アメリカの戦闘機よりも高度になります

日本は、次世代戦闘機の開発を支援するためにロッキードマーティンを選びました。480億ドルにより約90機の飛行機が生産されます。

日本の新しい戦闘機は、最新の米国のジェット機にもない高度な技術を備えています。

日本は、防衛産業のロッキード・マーティンの助けを借りて、次世代の戦闘機を製造します。名称のない戦闘機は、主に敵機を撃墜するように設計されていますが、地上のターゲットを攻撃することもできます。

ジェット機には、バーチャルリアリティスタイルのヘルメットやマイクロ波兵器など、米国の飛行機には見られない高度な技術が組み込まれています。 

フォーブスによると戦闘機は、2024年にプロトタイプとして発表され、2028年に初飛行、2031年に完全生産が開始されます。 

日本は、開発および生産コストを含むプロジェクトに480億ドルを投じて約90機の戦闘機を製造します。

画像
no title


戦闘機、FXまたはF-3として知られていますが、日本で使われている古いF2戦闘機と交代します。

同じくロッキードマーティンと共に開発されたF2は、基本的にアメリカのF16戦闘機より大きく、より高価なバージョンです。 

1990年代に開発された戦闘機は、2030年から40年の間に交代するために熟しているでしょう。

FXは何よりもまず制空権戦闘機になります。日本は第二次世界大戦の終結以来、世界を席巻する空対空戦闘機を必要としてきました。 

連合国の爆撃機によって1944-45年に爆撃され、自国の領土に対する制空権を失ったときに何が起こるかを国の指導部に非常に明確に示しました。 

しかし、現代の戦闘機の莫大なコストは、戦闘機タイプの戦闘機が純粋に空対空または空対地ではないことを意味します。したがって、FXは地上のターゲットを攻撃する能力を持ちます。 

フォーブスは、FXには、「リモート自動制御機能、VRスタイルのヘルメット搭載ディスプレイ、敵のミサイル兵器を焼くマイクロ波兵器としても機能するレーダー」など、現在の戦闘機には見られない技術が含まれると報告しています。

レーダーシステムは長い間、電子機器に損傷を与え、人や動物を殺したり傷つけたりする能力を持っていましたが、実際にそれらの武器を作った人は誰もいません。F-Xのマイクロ波兵器は、おそらく機首に取り付けられたレーダーシステムの機能であり、パイロットは、飛んでくるミサイルを打ち負かしながら、敵軍と接近し続けることができます。

また戦闘機はおそらく16のデータリンクを持ち、セキュアなデータ転送システムを介して、日本軍や友軍の米軍とデータ交換する能力を持ちます。また6つの大きな兵器を運ぶように設計された大きな内部武器ベイがあります。
 
比較すると、F-22ラプターはさまざまなサイズのミサイルと爆弾を約6基搭載でき、F-35ジョイントストライクファイターは4基を搭載できます。

ポピュラーメカニクス "Japan’s New Fighter Jet Will Have Wild Tech, Like Microwave Weapons"
https://www.popularmechanics.com/military/aviation/a34979905/japan-new-fighter-jet-features/

★1が立った時間  2020/12/27(日) 16:47:31.01

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1609058911/

続きを読む

ビッグコミックスピリッツ(小学館)

ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)

別冊フレンド(講談社)

週刊少年ジャンプ(集英社)



カテゴリー