オスマン

今旬な情報をお届けします

【炎上】M-1王者マヂラブ野田、とんでもない発言・・・

time 2020/12/23

3cbc48f5-s

【芸人】M-1王者マヂラブ野田 漫才論争に「ご迷惑を…来年は満場一致のチャンピオンが生まれますように」 [muffin★]


1: muffin ★ 2020/12/23(水) 18:29:18.72 ID:CAP_USER9
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/23/kiji/20201223s00041000379000c.html
2020年12月23日 18:04

お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の野田クリスタル(34)が22日、自身のツイッターを更新。ネット上などで巻き起こっている漫才論争について言及し「来年は満場一致のチャンピオンが生まれますように!」とツイートした。
 
「M-1グランプリ2020」を制し、16代目王者に輝いたマヂカルラブリー。最終決戦で披露したネタは、野田が繰り出すほぼジェスチャーのみのボケに、相方・村上(36)がツッコミ続けるという奇抜なスタイルのもの。これに対し、一部では「これは漫才なのか」と疑問の声が。

一方で、審査員を務めた落語家の立川志らく(57)はTBS「グッとラック!」(月~金前8・00)で「胸を張って漫才と言っていいんじゃないでしょうか」と称し、「サンドウィッチマン」の富澤たけし(46)はブログで「主催者側が漫才じゃないと判断したら失格にすればいいわけで、『点数をお願いします』と言われた以上、審査員は漫才として審査します。そして各審査員は自分の中の漫才の解釈の枠で点数や1番を決めます。漫才は色んな形があっていいし、だからこそ新しい形が産まれ、進化していくんだと思います。変化と進化を止めないからM―1は、漫才は面白い」とコメントしている。

野田は、「『あれは漫才じゃない!勢』はもうM-1のことなんて忘れて普通に日常生活を送ってて、『いやあれは漫才だ!勢』だけが日夜熱く語っている」とつぶやいた構成作家の投稿を引用した上で、「なんにせよ、批判されてる方々、擁護していただいてる方々、いろいろご迷惑をおかけしております!来年は満場一致のチャンピオンが生まれますように!」と願った。

続きを読む

ビッグコミックスピリッツ(小学館)

ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)

別冊フレンド(講談社)

週刊少年ジャンプ(集英社)



カテゴリー